総量規制対象外とは?その仕組み

現在様々な金融サービスが存在していますが、その中に総量規制というキーワードが存在しています。この言葉は貸金業法の中に定められており、借り手の年収の3分の1を超える金額の融資を行ってはならないとするのがその趣旨となっています。主に借りすぎによる債務不履行を防ぐことを目的にした制度であると言えますが、この仕組みはすべての貸金業者に分類される業者に適用されています。カードローンのサービスで有名な消費者金融もその枠組みの中に入るのです。
しかしながらカードローンなどのサービスの募集を見ていると少なからず少量規制の対象外を売り文句にして募集をしているケースもあるのです。総量規制対象外とは文字通り総量規制の対象外になることを意味する言葉です。貸金業法に定められたこの仕組みの規制の範囲外にあるサービスであるということになり、専業主婦や低所得者の場合でも契約できる可能性があるというのが大きな違いであると言えます。具体的に総量規制対象外とは銀行など貸金業法以外の法律によって規制を受ける金融機関が提供するサービスのことであると言えます。
銀行の場合、規制を受ける法律は銀行法です。貸金業法と同じく厳しい内容になっていますが、総量規制にあたる内容は組み込まれていません。大きな融資を行う銀行の場合には審査を厳格に行うことが特徴であると言えます。総量規制対象外であるからと言って、決して借りやすいということを意味するのではないのです。信用される何かがなければやはり契約は難しいといえるでしょう。